全室個室・ユニット型の新しい特養です

「ユニットケア」とは

「ユニットケア」とは、入居者様一人ひとりの個性の生活に合わせた「個別ケア」をすることで、それぞれの自立を尊重しようという考えのもとで生まれた介護ケアの新コンセプトです。
長寿社会先進国であり福祉国家としても知られているスウェーデン方式に由来する介護ケアスタイルで、日本では「ユニットケア=新型特養」と称されるように、新たに設立された特別養護老人ホームなどで採り入れられています。

少人数グループ(10人以下)をひとつの生活単位(ユニット)として区分けし、1ユニットごとに専用の居住空間と専任の職員を配置することにより、大規模施設でありながら、小規模生活単位の家庭的な雰囲気の中できめ細やかな介護ケアを行なうことができます。

個人の生活スタイルを尊重するために、お部屋は全室個室でプライバシーが確保されています。個室の先にはコミュニケーションの場でもあるリビングスペースがあり、少人数であっても他者とのかかわりが断たれることがありません。

入所者とスタッフがユニットごとに生活を共にすることで、従来型の集団的介護ケアとは異なる、個別対応型の介護ケアが可能となります。

ユニットケアのメリット

  1. 個室空間があるためプライバシーが確保され、自分らしい暮らし方が尊重されます。
  2. 自分の部屋と、他者(ユニット内の居住者やスタッフ)との共有空間=交流空間の両方があり、ストレスの軽減につながります。
  3. 認知症高齢者の徘徊が軽減するとの報告もあります。
  4. できる限り、一人ひとりの状況に合わせた介護ケアを行なうことができます。
  5. 一定期間スタッフも専任であるため顔馴染みとなり、より家庭に近い環境で過ごすことができます。
  6. 疾患や感染症などの際に個別対応がしやすく、施設内感染リスクが軽減されます。

 居室について

使い慣れた家具や、ご愛用の品をお持ちいただけます

居室はすべて個室で、広々としたプライバシーに配慮されたお部屋です。
ベッド・エアコン・照明・鏡・カーテンなどは設置されていますが、タンスなどの家具や日用品を持ち込むことができます。

ご自宅でご愛用の品々をお持ちいただくことで、より自分らしい生活を続けることができます。
個室ならではの自由、一人ひとりの暮らし方を変えることなくゆったりと日常をお過ごしいただけます。

PAGE TOP